賃貸契約、ダメもとでも交渉する価値のあること

賃貸契約の交渉は言わなければ始まらない

新しい住まいで生活を始めようというときには賃貸物件を選ぶことがよくあるでしょう。数ある物件の中から良いもの探していくものの、なかなか理想的な物件に出会うことができないのも珍しいことではありません。もう少し家賃が安ければ良いというものであったり、礼金が高すぎるものであったり、欲しい設備が一つだけ欠けていたりと、もう一息で求めている物件になれるものの方がかえって多いでしょう。 こういったもう一声が欲しいような物件があったときには交渉するということが重要です。交渉の余地がある物件も数多く、声をあげて交渉を始めればうまくいくこともあります。どんな無理な要求に感じられてもまずは交渉を行ってみるという姿勢が賃貸契約をする前に大切です。

ダメもとなところから始める交渉

賃貸契約をする前に交渉するポイントはダメもとで交渉することから始めることです。家賃を一割減らして欲しいと言ってもどうせダメだろうと思ってやめてしまっては交渉は始まりません。まずは誰もが気にする家賃からダメもとで聞いてみましょう。あまり人気がなくて借り手がついていない物件であったり、早急な入居者を求めていたりする場合にはそんな無理もまかり通ることがあります。 ダメもとの交渉を始めたら、次は少しずつ現実的なところに落としこんでいくことが大切です。家賃は無理でも礼金を一ヶ月分減らす交渉をしてみたり、設備の充実を入居前に行って欲しいという要望を出してみたりといったことは受け入れられやすい傾向があります。そういった交渉に最終的に運びこむことで少しでも有利な条件で賃貸契約を結べるのです。