どこまで出せる?給料からみる賃貸選び

給料の3割程度を目安にする

賃貸マンションやアパートを探すとき、家賃の目安で悩むでしょう。一般的には給料の3割程度が目安とされているようです。給料の3割を越えるようになると普段の生活が苦しくなるためだと言われています。賃貸を探すときは高くても3割以内に収まるようにするといいでしょう。 できるだけ多くの物件を見て、その中から良いものを選ぶようにします。職場に近い場所なら交通費が安くなるので、少し高めの賃貸でも問題ないかもしれません。自分の今の給料から計算することで、自分にあった賃貸物件を見つけることができます。快適な生活をおくるためにも絶対に無理はしないようにしましょう。せっかく素晴らしい物件を見つけても生活が苦しくなったら意味がないですからね。

無理のない生活をするために

素敵な場所を見つけても生活が苦しいと大変です。そこで、自分の生活スタイルや性格にあった賃貸物件を探すのもおすすめです。 お風呂が各部屋についている物件と、共同風呂を使用する物件があります。共同で利用する物件は家賃が安い傾向があるので、共同風呂でも問題ない人は検討するのもいいでしょう。 料理を本格的にするかどうかでも家賃に影響が出ます。簡単な料理しかしない人は簡易コンロを使う物件を選ぶといいでしょう。 物件のコンロがどのガス会社と契約しているかも、一つの目安になります。 家賃が多少高くてもガス料金が安く、長期的に見るとお得になることもあります。 ガス代や水道料金等、生活に必要な費用が安い地域を選ぶのも一つの知恵かもしれません。